ウォーターサーバーに菌?

ウォーターサーバーを使う上で最も注意を払いたいのは雑菌対策です。
ウォーターサーバーの水は水道水のように塩素が含まれていません。
水道水には、水道局が消毒に使用する塩素が残留しているので雑菌に対して強いですが、ウォーターサーバーの水は加熱消毒しかしていないので、雑菌が混入すると繁殖し放題の環境なのです。
そのため、日頃からウォーターサーバーの給水コックやトレイ部分はアルコールを含ませた布で拭くなどの対策が必要です。
特に水容器を交換するときは、注水口は手で触れてはいけません。
ガロンボトルの口部分も触れないようにします。
ウォーターパックの水容器の場合は、なるべくパックを触らないように気をつけましょう。
セルフメンテナンス機能が搭載されているウォーターサーバーは、毎晩、就寝時に稼働させた方が安心です。