カードローンの審査に落ちる理由、落ちた原因は?

キャッシングやカードローンに申し込んでも、審査に落ちる理由として考えられるのは、まず信用情報です。
信用情報とは、信用情報機関に登録されている返済や借入れに関する情報から客観的にその人の信用力をはかるための機関です。
過去に一度でもクレジットカードを申し込んだりローンを組んだりすると信用情報機関に情報が登録されます。
返済が遅れている場合は延滞してるという情報が載ります。
延滞している状態で、他の金融機関の借入れを申し込もうとしても信用情報に加盟している会社同士で情報を共有しあっているので、延滞中とわかれば借入れは難しくなります。
延滞分を支払ったから大丈夫と思っても、今度は延滞解消という情報がのります。
これは1年以内に大幅な延滞があったということが分かりますので、不利な情報となります。
他のカードローンの審査に落ちる理由として考えられるのは、属性です。
属性が悪いと審査に落ちやすいです。

属性が悪いとは、年収が低く、勤続年数も居住年数も浅い、アルバイトであるなどの場合は、銀行系など審査が厳しいところでは融資が難しいと考えられます。