住宅ローン減税の対象とは?

高額な買い物をした時は、少しでも他の出費を抑えたいものです。
中でも、住宅といった大きな買い物をした時には、今後数十年に渡ってローンの支払いをしていかなければならないため、お金に余裕がないことも多いです。
そんな人に、少しでも補助をしようという目的で実施されているのが、住宅ローン減税です。
この制度は、住宅をローンを組んで購入した時に、所得税や住民税の一部または全部が戻ってくるという制度です。
毎年行われる確定申告の時に、この申請をしておけば、税金が戻ってきます。
具体的には、年末のローン残高の1%が減税対象になり、入居した年から10年間有効となります。
このようにして、住宅を購入した人に経済的な優遇措置を取ることで、国が住宅を買うことを推奨しているのです。
住宅を購入した側も、税金の面で優遇されるので、とてもメリットがある制度です。
ただし、確定申告で申請しない限りはこの恩恵を受けることができないため、気を付ける必要があります。